低用量ピルの3大効用とは

低用量ピルは大きく分けて3つのメリットがあります。皆さんがよく知られている避妊に加え、子宮内膜症や月経痛の軽減等様々な恩恵があります。もちろんデメリットもありますので、ご使用には注意が必要です。

低用量ピルで排卵は止まる

低用量ピルによる避妊の仕組みを理解するには、女性ホルモンの働きと妊娠について知る必要があります。
卵胞に包まれて卵巣の中に存在する卵子は、月に一回大きく成長して卵巣の外へと飛び出します。これが「排卵」で、排卵を起こすために、脳下垂体から2つのホルモンが分泌されます。卵子を成長させるための「卵胞刺激ホルモン」と卵子を排卵させる「黄体化ホルモン」です。
一方卵巣では、妊娠に関わる2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が作られます。エストロゲンは、卵胞の壁を作っている細胞から分泌されて、子宮内膜を増殖させて厚くします。プロゲステロンは、排卵した後の卵巣にできる黄体で作られ、エストロゲンとともに受精卵が着床しやすいように子宮内膜を整えます。エストロゲンは排卵が近づくと急に増え、視床下部がそれを察知すると脳下垂体に指令を出し黄体化ホルモンを多量に分泌して排卵が起きます。排卵の前には子宮の入口の粘液の量が増えて粘度が低くなり、精子が侵入しやすくなります。
プロゲステロン分泌後、2週間程度経っても受精卵が着床しなかった場合には、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が一気に低下して、子宮内膜が剥がれ落ちて月経になります。月経中は女性ホルモンの分泌がなくなりますが、エストロゲンがない状態が続くと脳下垂体は卵巣にエストロゲンの分泌を促して、月経周期が始まります。
低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンが少量含まれています。月経中に低用量ピルを服用すると、血中にエストロゲンが存在するため、脳下垂体はエストロゲンを分泌する指令を出しません。卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモンの分泌も抑えられて、排卵が止まります。