低用量ピルの3大効用とは

低用量ピルは大きく分けて3つのメリットがあります。皆さんがよく知られている避妊に加え、子宮内膜症や月経痛の軽減等様々な恩恵があります。もちろんデメリットもありますので、ご使用には注意が必要です。

低用量ピルと、飲む時間と飲む間隔について

「低用量ピル」とは、経口避妊薬のことです。又、ピルという呼び名が一般的ですが、英語でoral contraceptivesといい、頭文字をとってOCといわれています。
低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれています。服用すると、こられのホルモンの働きにより、脳下垂体が妊娠をしたと感知します。そして、排卵を促す黄体ホルモンの分泌が抑制される仕組みになっています。
飲む時間や飲む間隔など毎日規則正しく服用することで、確実な避妊効果が期待されます。最も確実で安全性の高い避妊方法が低用量ピルです。妊娠を望むようになったら、服用を中止すれば、妊娠可能な状態に戻ります。
低用量ピルは、避妊効果だけではなく、月経異常や月経前症候群の改善にも効果があるので、月経に対して悩みのある方は、服用をお勧めします。
服用を希望する場合は、産婦人科などの医療機関で検査を受けてからの処方になります。服用できる身体であるかなど、確認するために、問診や既往歴、子宮がん検査やおりもの検査、エコーの検査が必要になります。
又、身体が慣れるまでは、頭痛や吐き気、だるさなどの症状を訴える場合もありますが、次第になくなります。
低用量ピルを飲む時間は、1日1回どの時間でも問題はないですが、副作用の心配も考えて、寝る前に服用指示が多いです。
飲む間隔は服用後、次のピルを服用する際、24時間空ける必要があります。
自分の生活スタイルに合わせて、飲む時間を決めて1日1回同じ時間に服用することをお勧めします。それにより、飲む間隔も一定になります。
低用量ピルには、成分量が異なるなど種類がいくつかあるので、医療機関にて自分に合うピルを出してもらいましょう。