低用量ピルの3大効用とは

低用量ピルは大きく分けて3つのメリットがあります。皆さんがよく知られている避妊に加え、子宮内膜症や月経痛の軽減等様々な恩恵があります。もちろんデメリットもありますので、ご使用には注意が必要です。

個人輸入代行でピルを購入する場合は心房細動にも注意

臨まない妊娠を避けるために有効なピルは、医薬品の個人輸入代行サービスを利用すれば医療機関を受診しなくても手に入れることができます。医療機関を受診してピルを処方してもらう場合に比べ、インターネットを使えば自宅に居ながら簡単に手続きができることから、多くの人が個人輸入代行サービスを利用してピルを手に入れています。
信頼のおける個人輸入代行サービスで取り扱っている医薬品は、基本的には安全なものです。しかしどんなに安全性の高いものでも、薬には必ず副作用というものが存在します。ピルにもいくつかの副作用が存在し、その中の代表的なものの一つが心房細動です。
心房細動はいわゆる不整脈のことです。不整脈はそのパターンによりいくつかの種類に分類されますが、心房細動は脈が速くなる頻脈と呼ばれる種類になります。
この心房細動と診断された場合でも、それほど症状を感じない人も多くいますが、なかには動悸やふらつき、失神などのひどい症状が現れる人もいます。特に怖いのは心房に血栓ができ、それが剥がれて脳動脈に流入してしまうケースです。このような状態になると脳動脈が詰まってしまい、脳梗塞を発症してしまう可能性があるのです。
利便性と安全性の両方を兼ね備えているピルですが、心房細動のような副作用のリスクは避けることができません。医療機関で処方してもらう場合は、そのようなリスクの説明もあるのであまり心配はないのですが、個人輸入代行サービスを利用する場合は全て自己判断でおこなわなければいけません。心房細動以外にもピルにはいくつかの副作用があり、またピルそのものの服用を控えたほうがいい既往症を抱えている人も存在します。ピルはメリットだけでなくデメリットもしっかりと調べたうえで、上手く活用しましょう。