低用量ピルの3大効用とは

低用量ピルは大きく分けて3つのメリットがあります。皆さんがよく知られている避妊に加え、子宮内膜症や月経痛の軽減等様々な恩恵があります。もちろんデメリットもありますので、ご使用には注意が必要です。

低用量ピルの3大効用とはの2015年8月記事一覧

  • 低用量ピルで排卵は止まる

    低用量ピルによる避妊の仕組みを理解するには、女性ホルモンの働きと妊娠について知る必要があります。 卵胞に包まれて卵巣の中に存在する卵子は、月に一回大きく成長して卵巣の外へと飛び出します。これが「排卵」で、排卵を起こすため…続きを読む

  • 低用量ピルで月経痛を軽減

    女性に取っては、切り離して考えることのできない月経、大半の女性が十代前半頃に初潮を迎え、その後五十代の閉経頃まで続くもので、まさに人生の半分以上、毎月体験する習慣です。 妊娠、出産により、途中お休みする期間があるとはいえ…続きを読む