低用量ピルの3大効用とは

低用量ピルは大きく分けて3つのメリットがあります。皆さんがよく知られている避妊に加え、子宮内膜症や月経痛の軽減等様々な恩恵があります。もちろんデメリットもありますので、ご使用には注意が必要です。

低用量ピルでイライラ改善

女性の身体は、毎月訪れる生理と切り離して考えることはできないもので、程度の差はあれどホルモンバランスの変化で、何かしらの身体の不調に悩まされている人は非常に多いといわれています。
生理予定日が近づくと、お肌の調子がすこぶる悪くなってきたり、身体がむくみ疲れやすくなったり、いつもと同じ状況下でもイライラ感が強まったりと、体調不良に悩まされている女性も少なくありません。
また、閉経前後の約十年間に起こりやすいといわれている更年期障害も、肩こり、頭痛、めまい、動悸、ほてり、冷えのぼせ、イライラなど、辛い症状に悩まされている女性もたくさんいらっしゃいます。
こういった不調の原因は、まさにホルモンバランスが関係しており、女性ホルモンを補える低用量ピルを服用することで、かなり軽減されることがあるといわれています。
低用量ピルは、今、婦人科で避妊薬として処方される場合にも用いられている最もポピュラーなもので、副作用なく安全に服用できるお薬だといわれています。
中でもヤーズという超低用量ピルは含まれているホルモンの量が少ないため、通常の低用量ピルよりもさらに副作用が出にくく、初めての人でも使いやすくなっています。
婦人科へ行っても購入することもできますが、ヤーズは通販で買う方が断然安く買えます。
パソコンは携帯電話などで簡単に、自宅にいながら注文可能ですので利用している人もたくさんいますし、何より安く購入できることが最大のメリットとも言えるでしょう。
ストレスや加齢とともに、どうしても女性ホルモンは減少してしまいがちになり、女性ホルモンが足りなくなると、前述したような様々な不調が現れてしまいます。
そこで低用量ピルを欠かさず摂取することで、ホルモン分泌量を安定させることができるので、大きく崩れない状態を保つことが可能となり、その結果普段と変わらない日常を送ることができるのです。
毎月やってくる生理に対しても、低用量ピルを服用することで、生理周期をカレンダーのように一日の狂いもなく整えることができるので、自分なりに感情の起伏もコントロールできるようになります。
また生理痛もなくなり経血量も驚くほど少なくなるなど、生理期間をかなり楽に過ごせるようにもなります。